アフィリエイト広告を利用しています。
アフィリエイト広告を利用しています。

外商は年収いくらから入会できる?貯金や資産額は審査基準に関係する?

外商サービス

百貨店デパートの外商とは、百貨店デパートでたくさんお買い物をする お得意様 が加入する「専属の担当がつくサービス」です。

とは言え、百貨店の外商サービスを使えるのは百貨店のお得意様であり、誰でも入会できるものではありません。

「外商顧客になりたいけれども、どうしたらいいの?」

「百貨店から外商カードの正体が届いたけれども、私でも大丈夫?」

「 私、年収が高くないけれども申し込みできるのかしら・・・?」

 

百貨店の外商と聞くと、高年収や資産家などのイメージがあります。カードの審査を気軽に受けても良いものだろうか?と疑問に思う方も多いと思います。

 

そんな疑問に答えていきます。

 

率直に言って、「年収の高さはあまり関係ない」です。

 

百貨店の外商は年収いくらから入会できる?

百貨店の外商とは、百貨店で年間一定額以上の買い物をする人を対象とした「顧客制度(お得意様制度)」です。

外商顧客になると、百貨店の専任担当者にサービスを受けられるようになります。さらに外商顧客のため開催されるイベントにも招待されます。

これらのサービスを受けるために、加入資格に満たす必要があります。

そして、目安としてわかりやすく伝わっているのが年収です。

外商顧客になるための年収は、百貨店によって異なりますが、一般的には、申込者の年収1,000万円以上が目安とされています。

また、申込者の年収を1,200万円以上や2,000万円以上の条件にする百貨店もあります。

・・・と、いわれていました。

年収1,000万円なくても申し込み可能

年収1,000万円・・・

日本で普通に働いていて、年収1,000万円を達成するのは「大企業」に就職して数年働かなくてはいけません。

中小企業であれば「役員」など、重要な役職に抜擢されない限り、年収1,000万円を達成するのは至難の業ではないでしょうか。

それも30代であれば尚更、年収1,000万円はほんの一握りです。

でも大丈夫。

外商顧客になるためには、年収1,000万円も必要ありません。

平均年収ほどあれば、外商顧客の入会資格に値する年収です。(すべての百貨店を指しているわけではありません)

外商顧客になる上で、年収より必要なもの

外商顧客になるための資格は、年収よりも「あなたの属性(個人信用情報)」が重視されます。

個人信用情報とは

個人信用情報とは、クレジットカードやローンなどの契約や申し込みに関する情報のことで、客観的な取引事実を登録した個人の情報を指しています。

具体的には、以下の情報などが信用情報を管理する会社に登録されているといわれています。

  • 氏名・生年月日・住所・電話番号などの個人情報
  • クレジットカードやローンの契約内容(契約日、カード番号、利用限度額、残高など)
  • 支払い状況(遅延・延滞の有無、延滞の回数・金額など)
  • 申し込み内容(申し込み日、申し込み金額、審査結果など)

 

個人信用情報は、クレジットカード会社やローン会社などの金融機関が、顧客の信用を判断するために利用しています。

審査で確認されること

例えば、クレジットカード会社は、新規のクレジットカード申込者の信用を判断するために、個人信用情報を確認します。

個人信用情報に「延滞」などのマイナス情報が登録されている場合、クレジットカード審査に通過しにくくなります。

個人信用情報は、金融機関が顧客の信用を判断するために重要な資料です。

そのため、個人信用情報の登録内容に誤りがないか、定期的に確認しておくことが大切です。

個人信用情報は、自分で確認できる

個人信用情報は、本人から開示請求することができます。開示請求は、指定信用情報機関に直接行うか、インターネットで行うことができます。開示請求は、原則として無料で行うことができます。

個人信用情報の開示請求を行うことで、自分の信用情報がどのように登録されているのかを確認することができます。また、誤りがないかを確認することもできます。

個人信用情報を正しく理解し、適切に管理することで、健全な金融取引を行うことができます。

 

年収額面を重視しない外商はどこ?

外商カードの審査で「年収の額面を重視しない百貨店」として話題になっているところがあります。

その百貨店とは「大丸松坂屋百貨店」です。

大丸松坂屋百貨店とは、百貨店業界でも多いな企業です。

東京・大阪・名古屋の好立地にも、店舗を構えている百貨店のため利便性の高い百貨店として親しまれています。

大丸松坂屋百貨店の外商カードとは?

大丸松坂屋百貨店の外商カードの正式名称は「大丸松坂屋お得意様ゴールドカード」です。

大丸松坂屋お得意様ゴールドカード

国際ブランド VISA
クレジットカードの種類 ゴールドカード
年会費 税込11,000円
家族カード(4枚まで) 税込1,100円
外商顧客の優待種類 割引
優待率 5%・8%・10%(変動性)
クレジット決済ポイント 1%(百貨店内外)

特徴は、大丸松坂屋百貨店では「割引」で買い物できることです。

大丸松坂屋百貨店の外では、ゴールドカードのクレジットカードして日常使いできます。

クレジットカード決済をすることで、1%のポイント(QIRAポイント)がもらえます。

1年間で150万円を超えるクレジット決済額を達成すると5,000ポイントが追加でもらえます。

毎年150万円以上のカード決済をする方は、1%還元 + 5,000ポイント になります。

大丸松坂屋百貨店の外商顧客サービスとは?

大丸松坂屋百貨店の外商顧客サービスは以下のとおりです。

1、優待割引(1番の目玉)

2、駐車場サービス

3、ラウンジ利用サービス

4、お得意様限定の催しやイベント情報の案内

5、コンシェルジュサービス

6、会員限定プレミアムサイト

7、QIRAダイニング by 招待日和

 

優待割引の内容

優待割引は変動制になっています。変動する基準は「1年間の実績」で決まります。

・1年間の実績が70万円以上・・・10%割引が継続

・1年間の実績が30万円以上70万円未満・・・8%割引へ下落

・1年間の実績が30万円未満・・・5%割引へ下落

入会年度は10%割引スタートです。

駐車場サービス

大丸・松坂屋の各店で外商カードを提示することにより、提携駐車場が無料になるサービスです。

家族カードでも本人カードと同じ内容で無料になります。

無料時間は各店で違います。入会した店舗の案内で確認してください。

ラウンジ利用サービス

大丸松坂屋百貨店には「D’sラウンジ」「お得意様サロン」「ティルザラウンジ(大丸梅田のみ)」にラウンジがあります。

「D’sラウンジ」「お得意様サロン」は、外商顧客であれば誰でも無料で利用できます。

「ティルザラウンジ(大丸梅田のみ)」は、大丸松坂屋アプリ実績で入室可能になります。

これらはお金を払えば入室できるラウンジではありません。

外商顧客もしくは大丸松坂屋アプリ実績がある方のみ入室可能なラウンジです。

ドリンクを飲みながら休憩できる場所ですので、外商サービスを楽しめる人気なスポットになっています。

お得意様限定の催しやイベント情報の案内

外商顧客になると、ホテルで開催されるイベントや、特設会場で開催されるイベントの案内がきます。

大黄金展、アート展、インテリアフェア、腕時計フェア、高級ブランドの新作発表会など、コンスタントに案内がきます。

外商顧客であれば、どのイベントにも参加できます。

お得意様イベントやホテル催事では、割引優待率がアップされて購入できることもメリットです。

コンシェルジュサービス

外商へ入会すると「担当」がつきます。担当がつきますし、外商顧客専用の窓口を利用できます。

欲しいものがあるときに、在庫の確認や、取り置きなども対応してくれます。

店内のアテンドもしてくれますので便利なサービスです。

ぶっちゃけ、コンシェルジュサービスを利用しなくても外商は楽しめます。

会員限定プレミアムサイト

外商顧客限定のプレミアムサイトでは、たくさんの情報があります。

限定ツアーや、希少な食べ物の紹介、抽選販売など、情報が盛り沢山です。

このサイト内でチャットも利用できますので、気になる情報をみつけたときにはチャットで問い合わせも簡単にできます。

QIRAダイニング by 招待日和

QIRAダイニング by 招待日和は、外商顧客のサービスではなく、「大丸松坂屋お得意様ゴールドカード」に付随するサービスです。

全国約200のレストランの指定コース料理を2名様以上でご利用いただくと、2名様分が無料になるサービスです。

※毎月先着400組様、お一人様月1回のみ利用可能。

大丸松坂屋百貨店で外商入会できる店舗

大丸松坂屋百貨店の外商へ入会できる店舗は以下のとおりです。

1、大丸札幌店

2、大丸東京店

3、大丸心斎橋店

4、大丸梅田店

5、大丸京都店

6、大丸神戸店

7、大丸芦屋店

8、大丸須磨店

9、大丸下関店

10、高知大丸

11、松坂屋名古屋店

12、松坂屋上野店

13、松坂屋静岡店

14、松坂屋高槻店

 

大丸松坂屋百貨店で外商入会審査について

申し込みの際には、氏名、住所、電話番号、年収などの個人情報を申し込みフォームへ入力する必要があります。

また、クレジットカードを申し込みするときには、必要書類として、年収証明書や勤務先の証明書などを提出することもありますが、「大丸松坂屋お得意様ゴールドカード」を申し込みするときには提出が不要です。

《審査概要》

「大丸松坂屋お得意様ゴールドカード」はネットで申し込みできます。

ネット申し込みするときに《審査対象》として、公表されている概要は以下のとおりです。

 

1、満20歳以上で安定した収入があり、社会的に信用を有する方。

2、申込フォームにご入力いただいた「ご自宅」と「勤務先」に電話連絡が可能な方。

3、「会員規約」等をご自身でお読みいただいたうえで、内容をご承認いただける方。

4、日本国内にお住まいの方で、申込フォームの所定事項を日本語でご入力いただける方。

 

※本条件は目安です。審査によりご希望に添えない場合がございます。なにとぞご了承ください。審査の基準および内容につきましてはお答えしかねます。

 

これらの概要から「年収や貯金や資産額は審査基準に関係する」かもしれませんが、重要視されていないことがわかります。

 

外商カードが欲しい方は、「大丸松坂屋お得意様ゴールドカード」を申し込んじゃいましょう。

 

 

 

 

 

この記事を書いた人
がくぶち

外商さんブログを運営している「がくぶち」です。

職業:会社員
趣味:百貨店で買い物
ステータス:外商顧客
百貨店の買い物頻度:週1
保有カード:外商カードと百貨店カードの2枚もち

がくぶちをフォローする
外商サービス
がくぶちをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました